児童買春という法律

児童買春という法律があるのはご存知でしょう。
18歳未満の未成年者と性的関係を持つ、あるいは18歳未満の未成年者を性的対象として触れたりするのも法律で禁止されています。
「年齢を偽られた、知らなかった」というのは、国が認める過失を除いては通りません。
この児童買春は、傷害罪や殺人罪と同じ「刑法」で罰せられます。

 

『児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律』
*第四条 児童買春をした者は、五年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。
↑、これは出会い系サイトを利用して、未成年者とセックスした場合の罰則です。
*第五条 児童買春の周旋をした者は、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
↑、これは出会い系サイト運営側に課せられた罰則です。

 

現在ではまだまだ未成年者を一律に「被害者」とする傾向が強いので、ある種の平等性に欠ける法律ではありますが、
それだけに理性を持って未成年者には近付かないことが一番といえるでしょう。
しかし、いくらあなたが注意していても、未成年者の方から年齢を偽って近付いてこられたらアクシデントも起きてしまいますよね。
児童買春のトラブルに巻き込まれないために、年齢確認をしっかり行っている出会い系サイトを利用することが安全なのです。

 

年齢確認の方法ですが、自己申告で済ませられるようなサイトは要注意です。
児童買春については「知らなかった」が、なかなか通らないからです。
また、出会い系サイトの運営側にも年齢確認に関する方法が規制で定められています。
それは、保険証や運転免許証など、国が発行した公的書類による確認です。
確認するのは年齢なので、住所や氏名は塗りつぶして伏せてもかまいません。
このように法律や規制にのっとった運営をしている出会い系サイトが、安心で安全な優良サイトなのです。

 

無料で登録できる優良サイトRANK
セフレ募集サイトランキング


ホーム