出会いに潜む危険

ネットでの出会いは相手のことがまったく分からないところからスタートします。
そのため、ある程度は事前に危険を避けておきたいもの。
あなたがもし、無料掲示板の「一緒に食事をしましょう」などの書き込みを見て、勝手に「セフレ募集?」だと思い込んだとします。
ところがその掲示板の主は言葉通り、一人でランチをするのがイヤなので一緒に行ってくれる人を探していただけ、なんてことも多々あります。
これはまだ謝れば済む話しですが、中には謝るだけでは済まされない悪意ある人に騙されてしまうケースも後をたちません。

 

そういう危険や誤解をある程度避けるために、「出会い系サイト」や「セフレ募集サイト」があります。
男女の出会いやセックスを目的にした人たちがそこには初めから集まっているので、多少は淘汰されています。
しかし、この出会い系サイトやセフレ募集サイトもいろいろあります。
「セフレ募集」と言っておきながら実体は、全然別のことを目的としたサイトだったり、悪質な詐欺業者だったりするところもあります。
そういうものに引っ掛からずに、「安全なサイト」を探すにはどうしたらいいのでしょうか。
それは『ワクワクメール』や『ハッピーメール』のように「セフレ」という言葉を使っていないサイトであること。
検索してそのサイトのクチコミや評価、過去の評判などを参考にするのが最も有効でしょう。
ネットの中にはたくさんの情報があります。
それらを積極的に利用して調べるのです。
評判が悪いサイトは「セフレ」や「体だけの関係」などの言葉を乱用しています。

 

安全なサイト、優良なサイトというのは、例えセフレ募集をする人が利用していたとしても、直接的な言葉は使いません。
「セフレ募集サイトです」と看板を掲げているところに、一般の女性は入ろうとしません。
なんとなく分かりますよね。

 

無料で登録できる優良サイトRANK
セフレ募集サイトランキング


ホーム